夫婦の危機を救うバイアグラ

精力の衰えというものは普通の男性であれば50代や60代からというものでしょうが、私の場合は30代から勃起不全に悩まされてきました。
なぜ自分だけがこんなに早い段階で、不能に近い状態になってしまったのかは分かりませんが、妻とのセックスでも中折れしてしまって、相手を満足させることができないのがショックでした。
しかも、妻は自分の体に魅力がないとか、他の女性に浮気をしているから勃起しないに決まっていると拗ねてしまいますし、このままでは夫婦関係にもヒビが入ってしまうと感じたため、思い切って病院で医師の診察を受けることにしたんです。
正直、病院に行くのは恥ずかしかったですし、惨めな気持ちもありました。

でも、自分と妻の夫婦生活のために頑張ったんです。
もっとも、実際に病院で診察を受けてみると、医師の対応は極めて事務的で非常に淡白なものでした。
こちらの症状や健康状態を聞いて、診察も10分と掛かりませんでしたし、結局、有名なバイアグラというED治療薬を、ただ処方してもらうためだけに行ったかのようです。
ED治療薬として処方してもらったバイアグラは初めての服用するということで、使用上の注意をいくつか薬剤師の方に説明されることになりましたが、気になるのは食事の影響を受けやすいということと、頭痛や胸焼けなどの副作用があることくらいで、あとは説明書通りに用法や用量を守っていればいいみたいでした。
そして、週末にいよいよ初めてのバイアグラを使うことになりました。
まずは夕食を早めに済ませて、2時間から3時間ほどしてから、1錠を服用すると、30分も経たないうちに顔が熱くなって気きて、効果を少し実感しました。
そして、1時間ほど経ったときに、いよいよ妻とベッドインして、エッチな行為を色々としていると、ついにペニスが勃起したのです。

もちろん、勃起だけならいつもとそれほど変わらないのですが、このときは硬さと大きさが、20代前半の頃と同じかそれ以上に立派になっていたのです。
妻も私のペニスの反応に満足してくれましたし、当然、行為中もしぼんでしまったり中折れしてしまったりすることもなく、最後までしっかりとエッチを楽しめました。
それからも数回楽しんで、満足のいく効果が得られましたが、気になるのはやはりバイアグラの価格で、子供が一人いることから経済的にも負担になるのがネックでした。
ただ、病院ではなく、インターネットで購入できるということを知って、色々と調べてみたら病院で処方されるよりも安かったです。

正規品が保証されている優良なショップだったので、思い切ってまとめ買いをしてみました。
これで病院に行かなくてもいいですし、薬も安く手に入って、週末の妻とのエッチを楽しむことができます。
もしかしたら二人目の子供もできるかもしれません。
バイアグラの力で出来た子供って、案外多いのかもしれないと考えると、ED治療薬の存在って結構重要ですよね。