バイアグラを通販で買おう

バイアグラは通販(個人輸入)から買うことができます。
ファイザー社の商品も取り扱っており、こちらは医療機関で処方されているものです。
50mg4錠で5,000円~6,000円くらいが相場となっていますので、クリニックで処方を受けるよりも少しやすい程度です。
正規医薬品(本物)であるため、通販でもクリニックでも価格はあまり変わらないのが現状です。
通販では「バイアグラ(VIAGRA)100mg4錠」という商品が販売されており、こちらは日本では取り扱っていないタイプになります。
日本で入手できるのは25mg・50mgの種類だけであり、クリニックで処方されるのもこの2つです。
100mgを利用するときは、そのまま飲むのではなく、キレイに割って飲んでください。
金槌で叩いて割ると、1粒の大きさが異なってしまいますので、ピルカッターというアイテムを使用して均等に分割してください。
クリニックで25mgを処方されている方ならば、100mgを4分割して飲むことができますので、かなり割安になるでしょう。
ただ、これでも決して安い薬ではありませんので、もっと安くしたい方はバイアグラジェネリックを使用するといいでしょう。
アスランス、シラグラ、ビゴラ、スーパーカマグラ、ゼネグラ、その他、さまざまなジェネリック品があります。
これらの特徴は、正規バイアグラとほぼ同じ成分でありながら、激安価格で購入できることです。
日本の医療機関にもジェネリック(ED治療薬は除く)が登場しておりますが、正規品の70%程度の価格となっています。
1錠1,000円の薬ならば、700円程度で入手できるというわけです。
通販で海外から取り寄せるジェネリックの場合は、インドが製造しているものであり、日本のクリニックで入手するものよりも、はるかに安くなっております。
バイアグラのジェネリックならば、1錠500円以下で購入できるものが主流であり、なかには150円以下という薬もあります。
シルデナフィルを主成分であり、ジェネリックといえども正規医薬品と何ら違いはありません。
ただ、気分的な問題としては、正規医薬品のほうが効くように感じてしまうものです。
知名度が高いほど安心できますから、そうした問題も効果に関係してくると考えられます。
人間は薬の効果を、感覚的なものとして捉えている部分があり、偽薬でも「効果がある」と言われると効いている気分になってしまうのです。
海外医薬品の通販サイトを利用するときは、お支払い方法・送料についても調べておきましょう。
お支払い方法にはクレジットカード決済、銀行振込、代金引換などがあり、最も安心できるのは代金引換でしょう。
先払いですと商品が届かないケースがありますが、モノが届いてから支払う代金引換ならば間違いありません。
送料は一律価格を設定しているケースが多いですが、一定額以上の購入によって無料とするところが多いです。
お届け日数は、発送元の国によって異なってきます。